読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼンマイの推し事事情

推し事やお仕事に対して、思ったことを書いてます

ゼンマイが思う、遊戯王三大害悪カード

はい!ゼンマイです。

 

今日も今日とてデュエルリンクスにハマりまくっている僕。オフィシャルカードゲーム(以下OCG)と環境がだいぶ違って、それもまた楽しいです。

www.konami.com

 

さて、この先デュエルリンクスもOCGからいろんなカードが輸入されてくると思いますが、正直願わくばこのまま輸入されずにいてほしいなあと感じるカードがいくつかあります。今回は、OCGで遊んでいた時に「このカード嫌い!」って思ってたカードをご紹介。デュエリストのみなさん、一緒にdisりましょう。

※この話をするにあたって先に言っておきますが、僕は『5D’s』以降の環境はよく知りません。また、禁止カードは無視して話を進めます。

 

第3位 激流葬

召喚成功時に場のカードをノーコストで一掃する罠カード。 後に紹介するカードにもつながる話ですが、僕は基本的にお気に入りのモンスターを出し合って、それの攻守を上げ下げしたり罠で守ったりするプロレスデュエルが好きです。なので、戦闘を介さずにカード1枚でほとんどのモンスターを除去できてしまうカードは嫌いです。

でもこのカードは、相手が大量展開で押し込んできた時の抑止力として自分も使っていたので、3位に留めます。

 

 

第2位 強制脱出装置

 マヌケなイラストに反して、その効果は極悪。アニメで大活躍した最上級モンスターを苦労して召喚しても、このカード1枚で即刻手札へさようなら。あ~つまんねえ。

 

 

第1位 奈落の落とし穴 

 イラストも不愉快だし、効果も不愉快。攻撃力1500以上のモンスターを問答無用で除外する。これのせいでモンスターの選別が『奈落にひっかかるか否か』で判断されてしまい、プロレスデュエルもリスペクトデュエルもできたもんじゃない。文句なしで、僕の嫌いなカード不動のトップです。

 

この3枚は、できればデュエルリンクスには持ち込んでほしくないですね。コナミ様、どうかお願いします。