読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼンマイの推し事事情

推し事やお仕事に対して、思ったことを書いてます

今さらロボとーちゃんを観てみたら超面白かった

はい!ゼンマイです。

今回は、今さらながら『映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』を観たのでそれについて。

 

これなんですがね、超面白かった!タイトルや雰囲気が、僕が一番好きなクレしん映画『オトナ帝国の逆襲』っぽいから前からちょっと気になってはいたのですが、想像よりも良かったですね。

 

まず全体的に話の構成が丁寧。矛盾点とか意味不明な点とかがないし、伏線やどんでん返しも上手くまとまっている。本当に1時間半があっという間でした。

 

さらにクレヨンしんちゃんっぽさもしっかり盛り込んでいる。僕がドラえもん映画よりクレしん映画のほうが好きな理由のひとつとして、クレしん映画以外では絶対ありえないタイプの悪役が出てくるところです。温泉が嫌いという理由で巨大ロボで暴れたり、過去へタイムスリップして歴史を変える理由がただの愉快犯だったり。他では見られない強烈なインパクトのある悪役が、作品の良いスパイスになってて好きです。現に今作の悪役がロボット作ってデモ起こした動機だって、妻子に虐げられた夫の腹いせですからね。

 

僕が観て思わずニヤリとしたのが、大人にしか伝わらない下ネタの盛り込み方が上手いいってこと。ロボとーちゃんの給油の仕方やカンタムロボの合体の掛け声の「正常合体」、あとは「ちちゆれ同盟」とか。もし子どもに「ちちゆれって何?」って訊かれたらこれで説明してやってください。

 

そして何より「やられた」って思ったのが、本人たちはしょうもないことをやっているはずなのに、何故かちゃんと感情移入できてしまう点。今作の話の規模って、実はひとつの街中での小さなデモレベルなんですよ。なのに、観てる間はものすごくスケールのでかい話に見えてしまう。他にも、観た人ならわかると思いますがピーマンのシーンとか。これもクレしん映画ならではの魅力ですよね。

 

総じて、脚本家の手のひらの上で上手いこと転がされてしまって、久々にお世辞なしで「面白い」と思えるアニメ映画でした。キッズ向けアニメも、なかなか捨てたもんじゃないですね。