読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼンマイの推し事事情

推し事やお仕事に対して、思ったことを書いてます

デジモンアドベンチャーtri 今後の展開予想

はい!ゼンマイです。

2015年からスタートしたアニメ映画「デジモンアドベンチャー tri.」。現在全6章中の3章までが公開され、第4章が来月2月に公開されるというところで、ここまでの感想や今後の展開予想なんかをしていきたいと思います。

 

 

デジモンアドベンチャー tri. 第1章「再会」 [Blu-ray]
 

 まず正直な感想としては第1章がピークだった。

第1章は本当に文句なしのスタートでした。高校生になった選ばれし子供たちと、当時と変わらないパートナーデジモン。成熟期への進化の演出や挿入歌のアレンジも最高で、当時デジモンアニメに熱中していた時の思い出もあって超感動しました。

 

デジモンアドベンチャー 15th Anniversary Blu-ray BOX

デジモンアドベンチャー 15th Anniversary Blu-ray BOX

 

 ところが第2章に入ると、物語は選ばれし子供たちよりオリジナルキャラである芽心を中心に回っていく。さらに日常パートの紙芝居化や戦闘シーンのアフレコの少なさがいよいよ本格的に。そして何より許せないのが、第3章で発生したリブート。僕らの中で15年以上大切にしてきた太一とアグモンの絆を、リブートの一言で全部フイにされてしまったことにショックと怒りを隠しきれませんでした。3章の冒頭で「和田光司水谷優子に捧ぐ」とありましたが、あんなもの捧げないでいただきたい。

 

 

…とはいえ、もう乗りかかった船。最後まで付き合うしかありません。なので、ここからは今後の展開予想をしていこうと思います。

 

まずは「tri」のストーリーの謎。現状明かされた謎としては感染デジモンの感染源はメイク―モンということのみ。これは察しがついていた方が多かったのではないでしょうか。

 

では他の謎はどうでしょう。とはいえ、第3章のリブートによって伏線のほとんどがブン投げられてしまいましたが、僕が思う残っている謎は以下の通り。

1.アルファモンの目的

2.ジエスモン(ハックモン)の目的

3.姫川マキの目的

4.謎の男の正体

5.02メンバーの行方

 

まず1。僕の予想ではアルファモンは味方説。彼はもともとデジタルワールドが混乱した時の抑止力ポジションのデジモンです。メイク―モンが混乱の原因であることを誰よりも早く気づいていて、それを何とかしようとして動いているんじゃないでしょうか。

 フィギュアのかっこよさヤバいな…

第1章で02メンバーを全滅させていたのは02メンバーが全員感染してしまったからと考えれば納得できるし、オメガモンと戦ったのもメイク―モンを始末するためですからね。

 

次にジエスモン(ハックモン)。あれはおそらく姫川マキのパートナーデジモンハックモンは明らかに選ばれし子供たちを監視してる風だったし、第3章の終盤を見る限りその可能性は極めて高い。マキはどう見ても何かを企んでいる雰囲気だったので、それと戦っていたアルファモンはやっぱり味方勢力だと思いますね。

 

みっつめの姫川マキ。ここが一番謎だと思うんですが、僕の予想では過去作とは何の関係もないぽっと出展開。過去に何かあったっぽそうだったり謎の男が「感動の再会」とか言ってたりしたけれど、たぶん新キャラの仲間内ですったもんだがあっただけで、「あいつ必要だった?」と後々になって言われるキャラだと思います。なんだかんだ言って、デジモンアニメは伏線なしの急展開やご都合主義な展開が結構あるので、十分考えられます。

 

よっつめの謎の男。あいつがラスボスでしょう。ゲンナイだったりデジモンカイザーだったり姿を変える男ですが、流石にもうアポカリモンorヴァンデモンorディアボロモンではないと思いますね。すでに一度復活や残党の復讐はやった後だし。

怪しいとすれば、02でダゴモンの海に幽閉されたっきり放置されているデーモン。正直その線は薄いと思いますが、もう残っている大ボスといえばあれぐらいなので。

 

そして最後の02メンバーの行方。これはアルファモンがかくまっている説。暴走を鎮圧した後、リブートを逃れられたどっかで寝てるとかじゃないでしょうか。

あと02といえば、最終回で子供たちが大人になった後が描かれていましたが、あそこにどう持っていくかがtriの一番気になるところですね。特に今進路に悩んでいる太一。彼はその後デジタルワールドとの外交官になりますが、なぜそうなるに至ったかはぜひ描いてほしいです。あと空は太一よりヤマトを選んだ理由や賢と京が結ばれるに至る経緯も。

 

 

 

以上が僕の予想ですね。繰り返しになりますが、リブートのせいで伏線はブン投げられたも同然。ここからどうとでもできてしまうので、良くも悪くもハラハラしながら見守りましょう。