読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼンマイの推し事事情

推し事やお仕事に対して、思ったことを書いてます

知ってる人より知らない人のほうが立場強いっておかしない?!

はい!ゼンマイです。

 

全国のオタクのみなさん、ムカつきませんか?物事知ってる僕らより、知らない周囲のほうが強気な態度で来ることに。

 

そりゃあオタクはある程度キモがられる人種だってことは、心の隅のどこかで自覚しているでしょう。でも本来オタクのキモい原因って、「ひとつの分野についてにはものすごく詳しいけど、他のこと(主に一般常識)については全然無頓着」だったはず。例えばゲームに関する知識は専門家レベルなのに、髪形は坊主頭しか知らないからキモいって感じ。でも最近のオタクに対するキモがり方は「え…そんなの知らない。なんでそんなこと知ってんの?」です。「はあ?!」って思いませんかマジで。

 

知らないことを理由に強気に出る人。主に”お客様は神様”精神の強い人に見られる行動ですが、はっきり物申したい。知ってることより知らないことのほうが恥だ。この際「知らされていない」ならまだしも「知らない」は別。損であり、哀れであり、愚かです。知らないから会社に搾取され、知らないからセールスの口車に乗せられ、知らないから稼げないんです。僕の好きな言葉に「言語の限界が世界の限界」というのがありますが、こういう人たちを見ていると、それを感じずにいられません。

 

こう言うと「たかがてめえの好きなもののことを知らないくらいが何なんだよ」って思うかもしれません。まあ1%は認めましょう。ですが、知らないことを免罪符にして強気な態度に出る人は、得てして他の分野に対する知識も乏しい。だから会話が全然はずまなくて、はっきり言ってつまんない。せいぜい身近な人間のゴシップネタが限界でしょう。

 

だけど、こんなことを直接相手に言ったところでのれんに腕押し。残念ながら論理と非論理がぶつかった時、勝つのは非論理です。それも十分知っているので、ここで「共感者いないかなあ」とぼんやり思うくらいに留めましょう。

 

センスは知識からはじまる

センスは知識からはじまる