読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼンマイの推し事事情

推し事やお仕事に対して、思ったことを書いてます

元号が「平成」のうちに根絶させたいこと10選

はい!ゼンマイです。

 

あんまりタイムリーな話題ではありませんが、まずはこちらの記事を。

 

新元号「平成31年元日から」と一部報道 天皇退位関連法案、5月にも提出か

 

31年からってのは若干憶測の域ですが、いずれにせよ平成が旧世代になる日はさほど遠くありません。今回は元号が変わる前に、僕ら平成生まれの世代で終わらせたいと思うものを挙げていこうと思います。

 

1.会社の忘年会と新年会

以前どっかで書きましたが、あれは本当に上司の金と部下の時間のムダ。飲みニュケーションなんかより、普段のコミュニケーションのほうが大事に決まってますよ。

 

2.運動部の男子は丸坊主

あんなの人権侵害でしょ。屋外のスポーツだったら頭皮にも良くないし。

 

3.タバコ

残念ながら僕の26年の経験上、ヤニカスのクズ率は100%です。マジで百害あって一利なし。

 

4.「最近の若者はダメだ」論

この先僕らが旧世代の人間になった時は、「最近の若い奴は…」とか言うのは絶対やめましょう。僕らだって、それでだいぶ嫌な思いしたし。どっかの歌にもありますが、自分の頃よりだいぶマシですぜ。

 

5.たくさん働くことをかっこいいとする風潮

ドラマで徹夜して仕事するシーンとか、アイドルのドキュメンタリーで過剰な労働を強いられている姿を観ても、もうそれをかっこいいとか思うのは辞めましょう。そんな風に思ってしまうから、僕らの労働環境は良くならないんです。あんなものは、僕らの世代でオワコンにしてしまいましょう。

 

6.「お客様は神様」論

もうはっきり言ってやりましょう。たかが数百~千円払ったぐらいで、偉くもなんともないですよ。これからは、つけあがっている客には「NO」と言える社会になってほしいものです。

 

7.「つらいのは自分だけじゃない」論

理不尽な目に遭っているのが自分だけじゃなかったら、何かが解決するんですか?そういう何も発展しない思考停止が一番怖いんですよ。これからはもっと”当たり前”に疑問符を持ちましょう。

 

8.「休む=悪」という風潮

こんなの足の引っ張り合い以外の何物でもありません。「生活を豊かにするために働いたり勉強したりしている」という本来の目的を忘れてはなりません。

 

9.上下関係

目上の人間だって、ミスもするし誤った判断もする。これからは、目上とか関係なしに過ちを指摘し合える組織のほうが育つでしょう。というか、僕はそんな部下や後輩がほしい。

 

10.「俺も昔こんな目に遭った」という理不尽を、新しくできた部下や後輩にすること

これはむしろ、まだ見ぬ新元号時代に生まれる人たちにお願いしたい。昔から続いている「俺がお前にこんなことをしているのは、俺が最初の頃同じことを受けて、それを乗り越えたからだ」とかいう負の連鎖をどうか断ち切ってほしい。理不尽は耐えるものでも乗り越えるものでもなく、改善するものだということを忘れないでください。

 

 

この10個ですね。もうこんなものは、平成のうちに終わらせてしまいたいですね。そう思いませんか?

 

日本の元号 (新人物往来社文庫)

日本の元号 (新人物往来社文庫)

 
元号でたどる日本史 PHP文庫

元号でたどる日本史 PHP文庫