読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼンマイの推し事事情

推し事やお仕事に対して、思ったことを書いてます

これからは”誰が最初にやったか”じゃなくて”誰が最後に残っているか”でしょ

はい!ゼンマイです。

 

本題に入る前に、まずはこちらの動画について。

www.youtube.com

 

ざっくり説明すると、disる系YouTuberのシバタ―が、同じようにdisるネタで数値稼いでいるKUNさんを電話で論破するってテイのコラボ動画。いかにもプロレスラーであるシバタ―らしい企画です。

 

 もうちょっと互角の闘いを見せるかと思いきや、意外と終始押されっぱなしだったKUNさん。あまりに不憫だったので、今回は「僕がもしKUNさんだったらこう言い返すかなあ」というのを、タラレバ論ですが書こうと思います。

 

シバタ―の言い分をざっくりまとめると、一貫してdisりネタを最初にやったのは自分で、お前は俺のパクリだです。それに対して「そんなことない」とか「○○%ぐらいは…」とKUNさんは返してましたが、それじゃあ相手の思うつぼですよ。僕だったらまず、

 

「そうですね。インスピレーション受けてますね。」

 

と、開き直ります。そしてその後こうつけ加えます。

 

「でも大事なのは”誰が最初にやったか”じゃなくて、”誰が最後に残っているか”ですよね。」

これで決まり。さて、長い前置きはこのくらいにして、そろそろ本題入りますか。

 

 

 

上の例に限った話ではなく、仕事にせよエンターテイメントにせよ「誰が最初にやったか」を重視する人って結構いますよね。確かに無から有を生み出すことはかなり難しいです。あらゆるアイデアやネタが出尽くされた昨今となれば尚更。でもさっき述べたように、”誰が最初にやったか”じゃなくて、”誰が最後に残っているか”のほうが大事だと思うんですよ。去年か一昨年のルパン三世にも似たようなセリフありましたよね?

ルパン三世 イタリアン・ゲーム [Blu-ray]

ルパン三世 イタリアン・ゲーム [Blu-ray]

 

 だって、「新しいジャンルのパイオニアとして名乗りを上げたはいいものの、後発組に抜かれてしまってフェードアウトしてしまいまいした」じゃ、世話ないじゃないですか。あえて名前はあげませんが、そうなってしまった企業やお笑い芸人のひとりやふたり、思いつくでしょ?世の中何だって生き残ったもん勝ちなんですよ。最初に快走していたウサギよりも、最後にゴールしたカメのほうが勝者です。

 

そんでもってパクリかどうかという点も、劣化じゃなくて上位互換だったらOKだと思います。どこぞの国のコピー商品やまとめサイト貼りつけただけのブログがムカつくのって、要は劣化コピーだからなんですよ。もしあれがオリジナルよりもクオリティが圧倒的に上回っていたら、多分誰も文句言わないと思います。現にマクロスΔに出てくるユニット『ワルキューレ』がどう見たってAKB48のパクリでも全然気にならないでしょ?それは上位互換と言わないまでも、ちゃんと質が伴っているからです。

 

 だから僕の主張をまとめると、最初にやった人は良い位置からスタートを切れるってだけで、優劣とは直接関係ないです。他人の長所は盗んでナンボ。どんどん良いもの取り入れて、最後に笑うのは誰かを見せつけてやりましょう。