読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼンマイの推し事事情

推し事やお仕事に対して、思ったことを書いてます

なぜ『京都いろどり日記』はあんなに神ってるのか

はい!ゼンマイです。

 

今回は僕がこの世で一番好きなテレビ番組について

www.ktv.jp

京都いろどり日記』。関西テレビで1ヶ月に1回放送されている番組ですが、これが本当にいい!この番組が終わるまで、僕は関西を出るつもりはありません。

 

どんな番組かってのをざっくり説明すると、ただ1時間、横山由依が京都をロケするのを温かい目で観る番組。それ以上でも以下でもありません。だけど、それが最高なんです。なんで僕がそんなにこの番組を褒めちぎるかについて、今回は語ろうと思います。

 

1.ターゲットを徹底的に絞った内容

京都いろどり日記』の出演者は横山由依ただひとり。まれにAKB48の後輩が出ることがありますが、それも年に1~2回。数える程度しかありません。

つまり、「アイドルが好き」でも「AKB48が好き」でもなく、「横山由依が好き」って人だけに、ターゲットを超絞っています。逆に言うと横山由依ファンだったら一度観ただけで二度と離れられないくらい大満足できるような内容になっている。変に万人受けを狙った中途半端な番組には絶対できないくらい、ファンのハートを掴んできます。深夜番組ならではの技ですね。

 

2.変に笑いや感動を狙いにいかない

この番組、笑いもなければ感動もありません。だから疲れずに観れる。何の感情も持たずに観れるし誰も傷つかないので、「とりあえず観よう」って思えます。食事中でもイライラしてる時でも無問題。僕も一度録画したら何度も観ます。

横山由依ファースト写真集『ゆいはん』

横山由依ファースト写真集『ゆいはん』

 

 

3.1回1回にありがたみを持って観れる

京都いろどり日記』は毎週ではなく月一回。次の放送まだ1ヶ月空きます。なので、テレビ欄でその名を見つけるたびに「やっと今月もいろどり日記の週がやってきた」とワクワクすることができます。消化試合は一度もありません。

あとこれ言っていいかわかりませんが、横山由依って普段テレビに出てもあんまり映らないじゃないですか。曲のMVでも出番はお世辞にも多くありません。それが1時間画面を独占し続けているんだから、満足しないわけがない。いつも「ありがたやありがたや」と思いながら観てますよ。

 

そんな感じで、もう毎回毎回これ観るために1ヶ月がんばってます。今月も放送日が待ちきれません。