読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼンマイの推し事事情

推し事やお仕事に対して、思ったことを書いてます

もう時効だから語る、『AKB0048』は何がいけなかったのか

はい!ゼンマイです。

 

 みなさんは覚えているでしょうか?『AKB0048』。AKB48を題材にしたSFアニメで、主要キャラは声優選抜に選ばれた現役メンバーがアフレコしたりと結構な気合の入れよう。放送前にはアイドル雑誌とアニメ雑誌の両方を使って大々的に宣伝してました。

 

ところが、いざふたを開けてみると、当時同じ曜日に放送されていた『機動戦士ガンダムAGE』ほどではないものの、なかなかしょっぱい評価。僕もおせじにも100点はあげられないかなぁって思いました。じゃあどこにそれを感じたのか?説明しましょう。

 

 

まず敵も味方も行動理由がフワッとしている。このアニメの世界で最も肝である要素が”一切の芸能が禁止されている”というルールなんですが、なんでこの世界が芸能を禁止してるかについての説明や背景が全くない。そしてAKB0048側も、法を破って銃弾にさらされるリスクを背負いながらも、何故舞台に立つのかについての動機が弱い。物語の芯となる部分が中途半端なせいで、「この人たち何やってんだろう?」というもやもやがずっとつきまとうんですよね。せめて敵側にも敵側なりの正義があって、非情とわかっていながらも攻撃しているみたいな理由づけがあったらなぁって思いました。

 

 

次が『AKB0048』に限った話じゃありませんが、AKB48を題材にした漫画・ドラマ・アニメは、作り手側からのメッセージが全部一緒。手を変え品を変えても、「世間知らずの小娘が厳しい世界に首を突っ込んで、時には喧嘩や衝突とかしながらも上へのし上がっていく」という根っこの部分が全部一緒だから、展開が変わんないんですよ。だから目の肥えたファンからすれば「またか」という気持ちになります。

 

 

そしてこれは第2期の時がそうだったんですが、このアニメの放送当時、AKB48の人気もピークでしたがスキャンダルの量もピークだった。あえてあれこれ言いませんが、アニメの中でも途中敵側に情報売った裏切りキャラがいましたよね?あの人選、狙ってそういう展開にしたとしか思えないんですけど。

 

 

あとは直接な理由とは関係ないですが、グッズ展開にやる気を感じない。このアニメ、マクロスの製作陣が作っただけに「これマクロスだよね?」ってなるシーンやメカが多いんですよ。だから作中のメカのひとつでもフィギュア化するかなぁと期待しましたが、現時点でメカがフィギュア化したという情報はゼロマクロスのメカのフィギュアの出来がすごすぎるぶん、ちょっとがっかりしました。 

フィギュアーツZERO 本宮凪沙

フィギュアーツZERO 本宮凪沙

 

 

 

とまあ僕が気になった点は以上です。だけど、褒める点が全くなかったかというとそんなことはありません。なんといっても挿入歌の選曲が最高だった。

希望について(type-B)(初回限定盤)

希望について(type-B)(初回限定盤)

 

 

『転がる石になれ』とか『pioneer』など、劇場公演でも特に熱い曲をここぞってシーンに持ってくるんですよ。特に第1期の2話目で『AKB参上!』の曲とともに颯爽と戦うシーンは盛り上がりました。

AKB参上!(Team A)

AKB参上!(Team A)

 

 

 

 

…まあここから数年後、さっき挙げた粗を全部克服し、かつ内容やキャラが非常に酷似している『マクロスΔ』ってアニメが出て来ちゃうんですけどね。あれは面白かった。ジョジョの次に、だけど。