読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼンマイの推し事事情

推し事やお仕事に対して、思ったことを書いてます

TCGがコミュニケーションツールとして極めて優れている理由

はい!ゼンマイです。

 

これは僕が大学生の頃の話なんですが、入学最初の仲間囲い込み競争に出遅れてぼっちだった時期があったんですよ。でも、2~3ヶ月経った時に、ある知り合った人に「おれ、遊戯王好きなんだ」って話をしたら、「遊戯王好きが集まってるところ知ってるよ」って言って、その集まりを紹介してくれました。そこで遊戯王を通じていろんな交流が増えていって、気がつけばサークルでもないのに、学年・学部の違う人が11人も集まる大グループに。遊戯王の力ってすげえなと感じましたね。

 

その経験もあってすごく思うことがひとつあるんです。TCGはコミュニケーションツールとして非常に優れている。どの点が特にそう思うか、お話ししていきましょう。

 

1.1対1で他人と向き合える

当たり前ですが、TCGは相手がいないと成り立ちません。相手を目の前にして1対1で向き合います。これがすごく大事で、ぶっちゃけ下手な婚活パーティより話せます。遊戯王のアニメでも、もめていた二人がデュエルを通じて想いをぶつけあって結果仲直りするってシーンがたくさんありますよね。あそこまではムリだとしても、顔の見えない者同士のチャットよりも交流が深まるのは間違いありません。

 

 

2.話題に詰まればデュエルに集中すればいい

ゲームを通じたコミュニケーションの良いところですね。無理に話を引き延ばそうとしなくてもいい。話下手な人でも気まずい空気になることはありません。それなのに時間はたっぷり過ぎているんだから驚きです。

 

 

3.シャッフルを通じて信頼関係を築く

どんなTCGでも一番最初にやることは、”互いのデッキを交換してシャッフル”です。要はイカサマ防止のためにする行為ですが、これが非常に大切。TCGプレイヤーにとってのカードってのは、テニス選手にとってのラケットみたいなもので、すごくすごく大事に扱います。そんな下手すりゃ紙幣より大事に扱っているカードを、相手の手に一旦預けるという行為。これ、相手との信頼関係を短時間で築くのに最適なんですよ。詳しくは心理学やメンタリズムの本を読んでもらったらわかりますが、非常に理にかなっています。たまにこれを面倒がるプレイヤーがいますが、僕に言わせればもったいないことこの上ない。友だち作りのチャンスを自分から奪ってますよ。

人の心を自由に操る技術 ザ・メンタリズム(DVD付き)

人の心を自由に操る技術 ザ・メンタリズム(DVD付き)

 

 

 

4.周囲を巻き込んでつながりが増える

アニメでもそうですが、デュエルをしていると、人が集まってくるんですよ。そしてそれを見て「おお、すげえ」とか「あそこは〇〇を出すのが正解だったんじゃないかな」とか「おっしゃあ!次は俺としようぜ」とか、コミュニケーションの輪がどんどん広がっていきます。これはアプリゲームじゃ絶対できないことですよ。だから僕は、TCGはこの先下火にはなるかもしれないけど、滅びはしないと思いますね。

 

 

という4つの点が、TCGがコミュニケーションツールとして優れていると思う点ですね。あとはプレイヤーの民度の低さがどうにかなれば完璧なんですけどなぁ。