読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼンマイの推し事事情

推し事やお仕事に対して、思ったことを書いてます

良かれと思ってやったもしんないけど、それいらんからワースト10

はい!ゼンマイです。

 

みなさんの周りにはありませんか?良かれと思ってやったことが裏目に出ていらっとされること。僕は余計なこだわりが多いせいで、そういうことありまくりです。今回は特にいらんからって思ったものを10個挙げていきます。

 

1.バレンタインデーに特別感ゼロのチョコを配る

いくら義理チョコだからって、業務用スーパーでやっつけたチョコもらっても何も嬉しくない。侮辱された感しかありません。

 

2.レジの会計でお札を数える

1枚1枚ペラペラめくって数えるアレ。マジで時間の無駄です。お札をさっと扇状に広げてくれたらすぐ済むでしょ。

 

3.朝礼

僕の経験上、仕事ができる上司ほど朝礼なんてしない。さっさと個々に作業指示を出します。もしあれで帰属意識が高まると本気で思っているなら、鼻で笑います。

 

4.進路選択や就職・転職における親のアドバイ

親は基本「自分はあの頃こうだったから」論で語りますが、20年以上も前の常識が現代に通用するわけないじゃん。おとなしくプロに相談しよう。

 

5.一言もしゃべらないくせに会議や飲み会を開く

大学の教授や会社の上司でたまにいますが、本当に無駄。親睦や意思統一は現場の人間だけで固めますので、次から開かなくていいですよ。

 

6.写メやプリクラをやたら加工する

クマの鼻やら「友情最強」とか書きまくるけど、それ本当に可愛い?2~3日経ってからもっぺん見てごらん。

 

7.営業マンの電話アフターフォロー

一度何らかの関係を持った営業マンから、その後何度も電話がかかってくるアレ。番号見ただけで発狂しそうになる。「電話でのお声かけが顧客満足につながる」とかいうウソを吹き込まれたせいでそんなことしちゃってるんだよね。そういう意味では彼らも被害者。

 

8.強者の謙遜

勉強や仕事ができる人間や顔面偏差値の高い人に限って「そんなことないよ~」って言うけれど、かえってイラッとする。素直に「ありがとう」って言っとけ。

 

9.「みんなでがんばろう」

中学や高校の行事で飛び交う言葉ですが、これは本当に危険。一度誰かがこれを言うと、言った人間の意志に反する意見は弾圧される言葉狩りが始まる。これのせいで中学時代、昼休みを大縄跳びの練習に回された時は不愉快極まりなかった。

 

10.始業前や休憩中に仕事のことを訊いてくる

意識高いアピールなら他の手段でやっていただきたい。

 

ざっとこんな感じですね。え?器が小さい?いやいや、ひとつぐらい共感できるもんあるでしょ。

 

「やっかいな人」から身を守る85のコツ

「やっかいな人」から身を守る85のコツ