読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼンマイの推し事事情

推し事やお仕事に対して、思ったことを書いてます

NMB48のCDは新喜劇目当てで買っていたことが、今回のでよぉくわかった

はい!ゼンマイです。

 

いよいよNMB48の新シングル『僕以外の誰か』のCDが発売になりましたね。事前情報でどんな曲か知っていましたが、超僕好み!すでに5回は聴いてます。

【Amazon.co.jp限定】僕以外の誰か(通常盤Type-D)(DVD付)(生写真Type-D付)

【Amazon.co.jp限定】僕以外の誰か(通常盤Type-D)(DVD付)(生写真Type-D付)

 

 で、今回のCDも例のごとくタイプ別が存在しますが、いつも吉本新喜劇が収録されているタイプの特典映像が新喜劇じゃなくて、木下百花がプロデュースする百合劇場なるものでした。

spoon.(スプーン) 2016年 8月号

spoon.(スプーン) 2016年 8月号

 

 

ここですでに買ったって人にズバリ質問ですが、百合劇場はいかがでした?僕は全く面白くなかったです。笑いを期待して観てたせいってのもありますが、後味の悪い愛憎劇が淡々と繰り広げられていて、盛り上がるところが全くない。途中三田麻央が「これDVDになるんですよね?」って言ってましたが、僕もあの場にいたら同じことを思いますね。

 

これでひとつはっきりしたのが、NMB48のCDの特典映像は新喜劇に限るってこと。笑いがあって楽しいし、これをきっかけに好きになった吉本芸人が何人いるやら。何よりあの両者がコラボることで、向かい合わせ同士に存在するNGKNMB48劇場がひとつになったような気持ちになるんですよ。それは他のグループじゃ絶対できないことじゃないですか。だからあの企画は心から大好きです。

 

吉本ギャグ100連発 4 横丁へよ~こちょ!編 [DVD]

吉本ギャグ100連発 4 横丁へよ~こちょ!編 [DVD]

 

 

それにこんなこと言うのも何ですが、楽曲目当てだったらiTunes storeで事足りるんですよね。最近はMVのフルバージョンもYouTubeですぐ観れてしまうから、残るバリューといえば特典映像ぐらいです。なので、次NMB48がCDを出すときは、ぜひとも新喜劇をもっかいやってほしいですね。百合劇場はもうこれっきりで十分です。