読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼンマイの推し事事情

推し事やお仕事に対して、思ったことを書いてます

【バレンタイン】義理チョコに特別感が出せるかどうかで、好感度は天と地ほどの差が出る。

はい!ゼンマイです。

 

今週はバレンタイン。野郎はなかなか自分でお菓子を買いづらい時期ですね。僕も今年はもらえるかなあとそわそわしてる今日この頃です。

 

時に女性のみなさん、本命を渡す勇気はないにせよ、部活や職場でチョコを配る人もいるでしょう。そんな方にひと言。ホワイトデーをばっくられたくなかったら、たとえ義理チョコであったとしても特別感は出そう。まさかとは思うけど、業務スーパーで買った大袋を、旅行のお土産みたいに配ってはいませんか?それだと多分、ホワイトデーはなかったこと扱いになりますぜ。

ロッテ パイの実 シェアパック  133G 1袋
 

僕の学生時代の話になりますが、今結婚できている部活の同期の女子には全員共通点があります。それは義理チョコでもキッチリ手作りだった。本命と言われても全く違和感ないレベルの手作りチョコケーキを毎年作ってましたよ。やっぱりこういうところで手を抜かないかどうかで人って出ちゃうんですよね。「行事に乗っかってなんて…w」って上から目線になって、結局自分から行動を全く起こさない人より何倍も良い。結婚できる人は、結婚できるだけの理由がちゃんとありますね。

 

義理チョコで手作りはしんどいと言うのなら、せめてラッピング。お店の人に言ったらやってくれるから、ラッピングだけでも特別感を出してみてはいかがでしょう。それだけで受け取る側の印象は違いますよ。何ならラッピングが豪華だったら、中身はそのへんの板チョコでも全然OK。それぐらい視覚情報の変化って大事です。

 

以上がいち野郎の意見です。幸い今年のホワイトデーは曜日的にばっくられにくいので、渡し損にはなりにくいと思います。いつまでも「友チョコ」に逃げてないで、今年は勇気出して渡しましょうよ。