読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼンマイの推し事事情

推し事やお仕事に対して、思ったことを書いてます

こんな人とは仕事しづらい!ワースト3

はい!ゼンマイです。

 

さてみなさん。そろそろ新しい環境にいる人、もしくは今いる環境に新しく増えた人がどんなヤツかわかってきた頃でしょう。うまくやっていけそうですか?

 

あいにく僕が今いる職場では新しい人が増えるなんてイベントはありませんでしたが、今回は過去いた人たちを思い返して、こんな人とは仕事しづらいんだよなぁって人を挙げていこうと思います。あなたの周りにこんな人がいないことを祈ります。

 

第3位 論破大好き正論野郎

論破する技術

論破する技術

 

 これは僕も気をつけないといけないんですが、意見の食い違いがあった時にやらなきゃいけないのは、相手を「納得」させることであって「論破」することじゃないんですよ。それをわからず上から目線で論破しまくるヤツがいると、すごく不快です。

確かに論破したら自分は気持ちいいかもしれませんが、された側はおそらく、あなたの意見に今後ますます反発するようになるでしょう。人間って、結局感情論で動く生き物ですからね。

 

 

第2位 何でも大ごとにしたがるチクリ野郎

絶妙な「報・連・相」の技術 (アスカビジネス)

絶妙な「報・連・相」の技術 (アスカビジネス)

 

 内々で話し合ったらそれで済むような些事でも、いちいち上に報告したり大勢の前で吹聴して大ごとに仕立て上げる。女性によく見られる行為ですが、これをやり出す人が一人でもいると、たちまち相互監視の揚げ足取り大会が始まって、居心地がすごく悪くなります。報告という行為そのものは正義なんですが…ね。

 

 

第1位 プライベートに介入してくる領海侵犯野郎

 おせっかいな上司にありがちですが、休日の過ごし方や恋愛観など、仕事と関係ないところにまで首を突っ込んでとやかく言ってくる。ひどい場合だと、「休みの日は自己啓発にあてろ」や「弱小の俺たちが伸びるには、休んでる場合じゃない」など、休みそのものを否定してくる。こういう心安らぐ場を土足で踏み荒らすようなことをされると、ずっと緊張しっぱなしになるのでしんどいです。規定で定められた日数と曜日だけ働けば十分っしょ。給料増えるわけじゃあるまいし。 

 

…いかがでしょう。あなたの周りにこんな人はいるでしょうか?

じゃあここからは、万が一そういう人と遭遇しちゃった場合の対処法をお教えしましょう。

 

まず論破大好き正論野郎。これはメール以外でのコミュニケーションを極力避ける。こういう人は得てして話が長いので、”会話”をしてしまうと無駄に時間を食われる。なので、やりとりはなるべくメールにするとストレスが減ります。相手の長文に対し「わかりました。」「了解です。」などの超短文で返すと尚良し。

 

次に何でも大ごとにしたがるチクリ野郎。これは「ほへぇ~」とマヌケな返事ばかりする。仕返ししようとして粗を探すのは時間のムダだし、極めて不毛です。そこで、相手とは逆に、徹底して鈍感を貫いてやります。そうすれば「こいつには何言ってもムダだ」と、そのうち向こうから離れていきます。こういう人って、相手の弱みを握りたいだけなんで。

 

そしてプライベートに介入してくる領海侵犯野郎。これも適当に返事して、休める時はのうのうと休む。休むことに対して必要以上に罪悪感持ったって、苦しい思いをするだけです。「俺は与えられた権利をただ行使しているだけだ。文句あっか?」ぐらいの気持ちを持って堂々と振る舞いましょう。

 

僕はこうしてますね。もしこれをやって人間関係がヤバくなっても責任はとらないのであしからず。